単身の引越しはレンタカーがお得です

単身の場合は、レンタカーを利用して引っ越しを行う事で、様々なメリットがあります。レンタカーを利用して引っ越しを行う場合は、費用を安く抑える事が出来ます。業者の人にお願いすると少ない荷物でも、人件費が掛かってしまいある程度の費用が必要となってしまいます。
自分で引っ越しを行う場合には、自分ですべて行うので少ない費用で済ませる事が出来ます。
一人で全てを行うのは大変なので、友達や家族などに手伝ってもらう必要があります。
友達等に作業を手伝ってもらった場合には、最低限のお礼をする必要があります。
自分の都合の良い日に引っ越しが出来るのも助かります。業者さんに依頼すると、他の人の予定が詰っていて、思い通りの日にちや時間を指定する事が出来ずに、業者さんの都合に合わせる必要が出てきてしまいますが、全て自分の都合の良い日や時間に行う事が出来ます。
自分の荷物の量に合わせてレンタルする車を選択する事が出来ます。単身で本当に限られた荷物しかない場合には、軽トラックを借りるだけで済ませる事も出来ますし、もう少し荷物がある場合には、ライトバンやワンボックスバン等の車の種類を選択する事で、沢山荷物を積む事が出来ます。トラックを借りる事で、沢山の荷物も積む事が出来ますが、運転に注意が必要となります。
車を借りる会社によっては、レンタルした車を引っ越し先に近い所の営業所で返却する事も出来るので、楽に利用する事も出来ます。

単身引越しに掛かる金額を抑えるには

引っ越しを行う場合は、業者に依頼する費用や下準備のための費用などを含めると、まとまった金額を用意しなければならなくなります。しかし、工夫次第では引っ越しに掛ける金額を抑えることが可能です。これは単身の引っ越しの場合においても同様です。
例えば、業者が忙しい時期を避けて引っ越すと費用が安く抑えられる場合があります。引越業者が1年で最も忙しくなる時期は年度がかわる時期である3月と4月ですが、この時期は料金の相場も他の時期と比較すると少し上がります。このため、人事異動や進学など、やむを得ない場合を除いては、繁忙期を避けて引っ越す時期を決めるのが無難です。
引越し料金は、1週間の中でも、また1日の中でも変わります。1週間の中では、引っ越しの依頼は会社勤めの人が休みになる土曜日や日曜日に多くなる傾向があり、これらの曜日に依頼をすると平日より料金が高くなる場合が多いです。ただし、平日に引っ越す場合は勤め先に申請して有給休暇を取得しなければならず、仕事が忙しい時期の場合は有給休暇を取得しにくく、引っ越しのためのまとまったスケジュールを確保しにくくなります。また、1日の中では、午前中に引越業者に来て作業をしてもらう場合より、午後に来てもらった方が料金が安くなる場合が多いです。しかし、午後の引越しは時間帯を指定できない場合が多く、午前中の作業に時間がかかった場合は遅い時間からの作業になる可能性があります。
また、インターネットの利用環境が整っているのであれば、引越費用の簡易見積もりが出来るサイトを利用すると有効です。ここでは複数の引越業者の料金を比較することができるようになっているため、依頼する業者を絞り込む際に役立ちます。

単身引越しをする際の挨拶について

引っ越しをする時に、引越し先で近所に挨拶をするのは当然の事とされています。しかし、単身で引越しをする場合、家族での引越しと違い、色々と注意が必要になってきます。
最近は一人住まいの場合、挨拶をしない人が増えてきています。しかし、一戸建てに引っ越しをした場合は必ず行うようにしましょう。一戸建ての場合は近所関係が密なことが多いですし、家族で暮らしている家も多いです。そのため、どんな人が引っ越しをしてきたのかと、不安に思っていることがあるので、しっかり行うようにします。また、マンションであっても、ファミリータイプのマンションなどの場合は、同じく行うようにしましょう。こちらも行うことが当然とされていますし、やはり不審がられてしまうので、行っておいた方がよいです。
しかし、ワンルームマンションのように一人暮らしばかりのマンションなどに引っ越しをする場合は、不要でしょう。とくに女性の場合、一人住まいの女性だと知られてしまって危険なので、行わない方がよいです。但し、大家さんには行っておくようにします。
また、すればよいのか悩んだ時は、仲介してくれた不動産屋さんに訊ねるようにしましょう。不動産屋さんはよく知っていますので、教えてくれるはずです。または、大家さんに聞いてみるのもよいです。大家さんも色々と知っているはずなので、教えてくれます。行う場合は、500円から1000円程度の手土産を持って伺うようにしましょう。